129-8 (1)

ビビ「私はここに残るけど…!!!
いつかまた会えたら、
もう一度、仲間と
呼んでくれますか!!!??」

129-8 (2) 129-8 (3)

これから何が起こっても
左腕のこれが、仲間の印だ!!!

129-8 (4)

最高の出逢いだった!!!

130-1

ペル生きとったぁ!!!!!!!!
重症だけども、良かった!!

130-2 (1) 130-2 (2)

みんな「さみしー!!!!!」

そーよね、みんな寂しいよね。
けどわかり易すぎるね w
みんな素直なんだから。

130-3 (1)

ゾロ「メソメソすんな!!!そんなに
別れたくなけりゃあな、力づく
で連れてくりゃ良かったんだ。」

130-3 (2)

チョッパー「うわあ野蛮人…。」

ナミ「最低…!!」

サンジ「マリモ。」

ルフィ「三刀流。」

ウソップ「待てルフィ。
三刀流は悪口じゃねぇぞ。」

ルフィ「四刀流……。」

ウソップ「だから増えて
どうすんだよ!!」

突っ込んだゾロへの悪口 w

後半何だかわからんく
なってますけども…w

130-4

ロビン「――ただ”歴史”を
知りたいだけなのに…私の
夢には――敵が多すぎる。」

130-5 (1)

ロビン「…ちょっと待って!!私
にはもう生きる目的がない…!!!
私を置いていきなさい!!!」

130-5 (2)

ルフィ「何で俺がお前の言うこと
聞かなきゃいけねぇんだ…!!!」

ルフィはほんと、どこまでも
真っ直ぐで敵でも何でも
関係なく助けるんだよな w

130-6

ルフィ「心配すんなって。こいつは
悪いやつじゃねーから!!!」

多分本能的な何かなんだろう。

ルフィは本能で、そういうの
分かっちゃうんだよねきっと。

だから今までここまで素敵な
仲間を集めてこられたんだ。