294-1

ルフィ「一人できたんじゃねぇ。
一人でなんかこれねーし、一人で
なんか来たくもねー。俺は、お前ら
と違って、一人ぼっちじゃねーんだ!!
もうじき俺の仲間が全員ここに来る!!」

294-2

ゾロと手錠で繋がってしまい、
打開策として刀にくっついて
ゾロの刀の一部とかして戦う
ことになったそげキングw

ゾロの動きが俊敏すぎてその
うち鼻がポッキリいきそうw

294-3 (1)

カチッ

294-3 (2) 294-3 (3)

スパンダム「え、えー!!?????
ゴールデン、電伝虫ぃいい!!!」

うわっ、普通の電伝虫と間違えて
バスターコールかけたよこいつ…

294-4 (1)

ウィーーン!!ウィーーン!!

294-4 (2)

海兵「シルバー電伝虫が、
信号を受信しました!!!

バスターコール発動要請!!
大将青キジより、バスター
コール発動要請!!!!」

青キジも、ほんと碌でも
ない奴にゴールデン電伝虫
預けちまったもんだよ…。

294-5 (1)

ゾロ「閃いた。」

そげキング「あ、何だ?何を
閃いたんだ。手錠外す方法か?
ここから逃げ出す方法か!?」

294-5 (2)

ゾロ「おまえの名前は、
名刀はなあらし!!」

294-5 (3)

そげキング「いい名前
つけてる場合かぁああ!!」

はなあらしって、花嵐なら
綺麗だけど…鼻嵐かな…ww

バスターコールかけられて
やべー状況で、何なのよ
このアホ発言してる人ww

295-1 (1)295-1 (2)

カリファ「か…彼女
が、巨大化を…!?」

295-1 (3)

ナミ「えっ!?」

カリファ「あなたも、
能力者だったのね!!」

295-1 (4)

ナミ「……天然。」

カリファ、いろいろ変w
けどここまで来るとなんか
いっそ清々しい気分だわw

295-2 (1)

ゾロ「敵は完全に怖気づいてる。
名刀はなあらしの威力になぁ。」

295-2 (2)

そげ「えっ…そうなのか!??」

295-2 (3)

そげ「ふっかーーーーつっ!!!」

そげ、扱いやすいなぁ~ww
ゾロ、扱いを完璧心得てるw

295-3 (1) 295-3 (2)

そげ「蒔絵じゃなくて、
撒き餌かい!!」

295-3 (3)

そげ「美味しくないよぉ~。」

295-3 (4)

そげ「私は餌かぁ、囮か!!
君はなんてやつだ…!!」

ゾロ「もう一度、
必殺撒き餌。」

295-3 (5)

そげ「問答無用かい!!」

295-4 (1)

そげ「第一その必殺の意味
間違ってるだろーー!!!!!」

295-4 (2)

そげ「殺されるのは
私かよぉおお~~。」

さすがに扱いが
可哀想になってきたw
けど、ほんとにやばそうな
攻撃をそげに受けさせたり
は絶対しないからゾロは。

いざとなったら自分を盾にして
でもそげを守ってくれると思う。
ゾロは、そういうやつだよね。

295-5 (1)

カリファ「動物(ゾオン)系…。
それがあなたの奥の手ってわけ!?」

295-5 (2)

ナミ「だから!!それ
あたしじゃないって!!」

この誤解まだ続いてたww

295-6

カリファ「言っておくけど、
私はあれがあなただなんて
思ってなかったわよ!!」

もうそのフォロー手遅れよw

295-7 (1)

カリファ「可愛くないわね。せっかく
ツヤツヤにしてあげたのに。」

295-7 (2)

ナミ「抵抗しないのが
可愛いんなら、願い下げよ。」

295-7 (3)

このままのナミが可愛くて
かっこよくて最高っす!!!