~フランキーの夢~

313-6 (1)

フランキー「ある…戦争を繰り返す
島に、たとえ島に住む人間砲弾の
降り注ぐ戦争を始めようが、島中
の人間が死に廃墟と化そうが…
ものともせず立ち続ける巨大な樹。

何が起きても倒れねぇ、人はまた
その気に寄り添い町を、国を作る。」

313-6 (2) 313-6 (3) 313-6 (4)

フランキー「世界にたった数本。
その最強の樹の名は宝樹アダム。」

313-6 (5)

313-6 (6)

フランキー「俺は昔、もう2度と
船は作らねぇと決めたことがある。
だが、やはり目標とする人に追い
つきたくて船の図面を引いていた。」

313-6 (7)

フランキー「俺の夢は、その
宝樹で、もう1度だけ、どんな
海でも乗り越えていく、夢の
船を作り上げることなんだ!!」

313-6 (8)

フランキー「宝樹は手に入れた。
図面ももうある。これからその
船を作る。だから、完成したら
おめぇら、俺の作ったその船に、
乗ってってくれねぇか!!!!?」

313-7 (1)

フランキー「俺の気に入った
奴らに乗ってもらえるんなら、
こんな幸せなことはねぇ。

金はおめぇらから貰った
ようなもんだしなぁ。」

313-7 (2) 313-7 (3)

フランキー「この海で、
唯一世界一周を果たした
ゴールド・ロジャーの
『オーロ・ジャクソン号』も、
その樹を使って造られた。

必ず すんげぇ船にしてみせる!!!」

フランキー一家に盗まれた2億。

こんなモノに使われていて、
最終的に自分達の元へこんな
形で戻ってくるなんて…
思わねーよなぁ、誰もw

313-8 (1)

おぉおおおお!!!って喜びの
テンションの中、急にBGMが
変わり、海軍船が映し出される。

313-8 (2)

でもこれ…w
最初は焦ったけど、いろいろ。

けどこれ…ねww
知ってる人は笑顔になるよww

313-9 (1)

ゾロ「まずいぞ…こんなに
早く嗅ぎつけられるとは。
ルフィに至っちゃ、まだ
寝てるっていうのにっ…
急いで知らせねーと!!」

だけど…

313-9 (2) 313-9 (3)

ゾロ「何っ!!?海…だと?」

相変わらず迷子で辿りつけねぇw
これを3度程繰り返しましたww

313-10

にしても…ぞろぞろと
連れてきたもんですわww

街の人達は麦わらの一味を
守らねばと必死でしたよ。

313-11 (1) 313-11 (2) 313-11 (3) 313-11 (4) 313-11 (5)313-11 (6)

ガープ「おまえらか!!麦わらの一味
とは。モンキー・D・ルフィに、
会わせたい男達がおるんじゃが。」

313-11 (7)

フランキー「海軍!!?」

なぜ壁壊して入ったよwww
海軍ってだけで警戒するのに
更に警戒させてどーすんだよw

313-12 (1) 313-12 (2)

ガープ「相変わらず、
しょーがない奴だ。」

313-12 (3) 313-12 (4) 313-12 (5) 313-12 (6)

フランキー「何ぃ!????」

313-12 (7)

サンジ「しまった!!」

313-12 (8)

ガープ「起きんかぁ!!!!」

313-12 (9) 313-12 (10) 313-12 (11)

ルフィ「っいてぇ!!!
いてぇ!!!!!!」

313-12 (12)

ガープ「愛ある拳は、
防ぐ術なし!!」

313-12 (13)

ガープ「随分暴れとる
ようじゃのう、ルフィ。」

313-12 (14) 313-12 (15)

ルフィ「ゲッ!!!じ、じ、
じ………じいちゃん!!!?」

313-12 (16) 313-12 (17)

「「………えっ……?
えぇえええええ!!!?」」

チョッパー「か、か、海軍中将が!?」

「「じいちゃん!!!!!???」」

まぁそうなるよなww
立場は敵、でも爺ちゃんと孫w