314-6 (1)

コビー「ルフィさん、ゾロ
さん、お久しぶりです。

僕がわかりますか?
僕です。コビーです。
覚えてませんか!?」

314-6 (2)

 ルフィ「コビー!!?」

314-6 (3)

コビー「僕でも海軍に
入れるでしょうか…。

小さい頃からの夢なんです!!」

懐かしのコビー。

314-6 (4)

ルフィ「コビー!!??コビーは
友達だけど、もっとチビの
コビーしか知らねーぞ俺は。」

314-7 (1)

コビー「そのコビーです。泣き虫
でダメだった、コビーです。」

314-7 (2)

ルフィ「だぁあああ!!ほんとか!!!?」

314-7 (3)

ルフィ「あのコビー…
なんで偉大なる航路に。」

こんな成長してたら気付けんよねw

314-7 (4)

コビー「今の僕達があるのは、
お二人のおかげですから!!」

314-7 (5)

ヘルメッポ「へっ!
まぁ百歩譲ってな」

ヘルメッポの方は2人とも
見向きもしていないっすよw

314-8 (1)

コビー「事件の後でお疲れ
なのに、すみません。」

ルフィ「あぁ、いいよいいよ。
久しぶりだ。宴にしよう!!」

314-8 (2)314-8 (3)

ヘルメッポ「ちょーっと待てぃ!!
お前ら!!俺に気付いてねぇんだろ!!」

泣いてるよw寂しかったかw

314-8 (4)

ゾロ「誰だ!!」

314-8 (5)

ヘルメッポ「俺だ!!お・れ・だ!!」

ルフィ「知らねーよ。誰だ。」

314-8 (6) 314-8 (7) 314-8 (8)314-8 (9)

ヘルメッポ「答えは、ヘルメッポだ。
モーガン大佐の息子。ヘルメッポだ。

お前を貼り付けにして、死刑寸前まで
追いやった男だよロロノア・ゾロ。
どうだ!?これで、思い出しただろ!!?」

あぁ、ウザい笑顔は昔のままだww

314-8 (10)

ルフィ・ゾロ「ん???」

若干可哀想になってきたw

314-8 (11)

ヘルメッポ「おいおい、
いい加減にしろよ。」

314-8 (12)

そうそう、これこれww

314-8 (13)

ヘルメッポ「あの時の!!
七光のバカ息子だ!!」

自分で言っちゃったよww

314-8 (14)

ルフィ・ゾロ「あぁ、お前か。」

反応の差www

314-9 (1)

コビー「ルフィさん、僕らは
敵同士ですが…今でも、そのぉ…」

314-9 (2)

ルフィ「あぁ、友達だ!!」

314-9 (3)314-9 (4)

コビー「えへへっ!!!」

見た目も強さも変わった。
心だってすごい強くなったけど、
この二人の関係は昔のままだ。