51-1

ウソップ「おぉーい!
1時2時サンジぃ~!!」
ナミ「サンジくーん!!」

そうか、サンジは3時だったのかw

51-2

サンジ「いつまでかかったって構う
もんか。絶対に俺が見つけ出して
やる!伝説の海、オールブルーを!」

51-3-151-3-251-3-3

「許せない。あたしは、あたしが
許せない!いつか勝負したいと
思ってた。だから必死で今日まで
腕を磨いてきたんだ。お前と対等に
なりたかったから。だが、あの時から
10年間、お前の夢は変わらない!!

そんなお前に勝てると思ってた、
お間抜けな自分が許せない。

負けたよ。お前の料理、
美味しかった。東の海一の
コックは、サンジ!お前だ。」

まさかそんな昔に見られてたとは
思いませんわ、びっくりw

52-1-1

謎の美女「まさかあんた、
あたしのこの顔を忘れたわけ
じゃないでしょうねぇ。」

52-1-2

ルフィ「俺は、お前みたいな奴
知らねぇぞぉ。誰だおめぇ。」

そうでしょうとも。
これで分かったら奇跡ですw

52-2-1

謎の美女「あんた達、この海で一番
美しいものは、何だい?」

52-2-2

街人達「それはあなたでーすっ!!」

52-2-3

謎の美女「そう、あたしさ。

この世界にあたしの美しさの
前に跪かない男はいないんだ。

そんなあたしは、強い男が
好き。あんたはあたしの
ものになるのよ。ルフィ。」

ルフィ「うるせぇ!嫌だ。
お前誰だっ!!」

謎の美女「まだ
わからないのかい!?」

いい加減気付けよww

 52-3-1

バギー「麗しきレディ・アルビダよ!」

52-3-2

ルフィ「アルビダ??」

52-3-3

はいー、やっと正体出てきましたw
どうみても…「ん?」って
なりますよねこれはwww

52-4-1

アルビダ「あたしは悪魔の実を食べて
変わったのさ。その名も、
スベスベの実。いかなる攻撃も
つるつる滑って、あたしのお肌を
傷つけることは出来ない。」

52-4-2

アルビダ「残念ながら、あたしの
美しさはさして変わらなかった
けどね。大きく変わったことは、
そう、そばかすが消えたこと。」

52-4-3

ルフィ「いや、そ、そこは
大した問題じゃねぇよ。」

ルフィ、ナイスつっこみw
変わりすぎだから、誰だよw

52-5

ルフィ「えっと、何つったっけ?
ボギー、いやブギー、いや
ベヒ―じゃねぇし、あ、そーだ!
バホーンだっ!!」

52-6-1

それこそ誰だよ!!!!wwww

52-6-2

バギーは本心状態…w

52-6-3

バギー「馬糞だとぉ!!!?
ふざけんなぁ!!」

バギーは馬糞になりましたww

52-7-1

バギー「最後に何か一言ゆっとくか?
折角大勢の見物人がいるんだからよ。

ヘッヘッヘッヘッヘ。えー、
まぁいいさ。言うことが
あろうがなかろうが、どうせ
お前は死ぬんだからな。」

52-7-252-7-3

ルフィ「俺は海賊王になる男だぁ!!」

52-8-1

ルフィ「ゾロ!サンジ!ウソップ!ナミ!
わりぃ、俺、死んだ。」

52-8-252-9-152-9-252-9-352-9-452-9-552-10-152-10-2

ルフィ「ハッハッハッハッハッ!
やっぱ生きてたぁ!!儲け!」

神が生かした、そうとしか
思えないシーンでした。

52-11

スモーカー「これが、全て偶然か。
まるで天が、あの男を
生かそうとしてるようだ。」

スモやんもこう言ってます。

52-12

ドラゴン「風よ吹け。運命の
嵐よ来たれ。」

ドラゴンさん登場!!!